本文へスキップ

神奈川県ソフトバレーボール委員会

      規 約memorandum


第一章  名称および所在地 








(名称)
第1条    神奈川県ソフトバレーボール委員会(以下、本委員会という)と称する。
(所在地)
第2条    本委員会の所在地は、理事長宅におく。
                           
                              第二章  目的および事業
(目的)
第3条   本委員会は、(一財)神奈川県バレーボール協会に協力し、県内におけるソフトバレーボール組織の統括団体として、
      ソフトバレーボールの普及・発展を図ることを目的とする。
(事業)
第4条   本委員会は、前項の目的を達成するために次の事業を行う。
      @各種競技会の開催および後援・協力
      A講習会・講演会等の開催および後援・協力
      Bソフトバレーボールリーダーの養成および指導体制の確立
      C各地域団体の育成および支援
      Dその他、本委員会が目的達成のために必要な事業
                            
                               第三章  組織
(組織)
第5条   本委員会は、(一財)神奈川県バレーボール協会に登録された団体・個人をもって組織する。
(加盟)
第6条   本委員会に加盟を希望する団体および個人は、理事会の承認を得なければならない。
(脱会)
第7条   加盟団体および個人が脱会するときは、その届出をし、理事会の承認を得なければならない。
(登録)
第8条   本委員会の加盟団体および個人は、(公財)日本バレーボール協会と(一財)神奈川県バレーボール協会の登録規定により、登録をする。

                                
                               第四章  役員
(役員)
第9条   本委員会に次の役員をおく。
      @理事(会長1名・副会長若干名・理事長1名・副理事長若干名・常任理事・県協会加盟の地域協会選出理事各1名・
       会長推薦の理事若干名)は、合計25名以内。
      A監事は2名以内。
(選出)
第10条  本委員会の役員は次の方法により選出する。
      @理事は、総会で選出し会長がこれを委嘱する。
      A会長・副会長および理事長・副理事長は、理事会で推挙し総会にて承認を得るものとする。
      B常任理事は理事の互選による。
      C監事は理事会において選出する。ただし理事との兼任はできない。
(職務)
第11条  本委員会の役員の職務はつぎのとおりとする。
     @会長は、本委員会の代表として会務を総括し、かつ組織の代表となる。
     A副会長は、会長を補佐し、会長の役務遂行に支障が生じたときは、その職務を代行する。
     B理事長は、会長の命を受けて本委員会の会務を処理する。
     C副理事長は、理事長を補佐し、理事長の役務遂行に支障が生じたときは、その職務を代行する。 
     D常任理事は、常任理事会を構成し、総会により付議された事項および緊急な業務を処理する。
     E理事は、理事会を構成し、業務を決議し執行する。
     F監事は、本委員会の業務および財務を監査する。
(任期)
第12条  本委員会の役員の任期は2年とする。ただし再任を妨げない。
     @役員に欠員が生じたときは、第9条に基づきこれを補充し、任期は前任者の残任期間とする。
     A役員は任期終了後も後任者が就任するまでは、その職務を行う。
(名誉会長・名誉副会長・顧問および参与の選任と職務)
第13条  本委員会に、名誉会長・名誉副会長・特別顧問・顧問・参与をおくことができる。
     名誉会長・名誉副会長・特別顧問・顧問および参与は、会長が委嘱し特定事項について会長の諮問に応じる。

                                第五章  会議
(区分)
第14条  本委員会に次の会議をおく。
     @総会  A理事会  B常任理事会  C専門委員会  Dその他委員会として認めた会議
(総会)
第15条  総会は、本委員会の理事および加盟団体の代表1名をもって構成し、年1回会長が招集し議長を務め、本委員会の予算・決算
     事業・役員改選・規約変更等重要事項を審議し、議決する。その他、必要に応じ臨時総会を開催することができる。
(理事会)
第16条  理事会は、必要に応じて会長が招集し、議長となる。次の事項を審議する。
     @総会に付議する事項
     A本委員会の会務を審議し、決議する。
(常任理事会) 
第17条  常任理事会は、必要に応じて会長が招集し、議長となる。運営は理事会に準じ次の事項を審議する。
     @事業計画の作成および執行に関する事項
     A会務運営に関する必要事項
(専門委員会)
第18条  本委員会は、専門委員会として総務・競技・審判・指導普及・広報の委員会を設ける。
     @専門委員会の構成は、理事会の議決による。
     A各専門委員会の職務は、理事長がこれを委嘱する。
(会議の定足数)
第19条  総会および理事会は、その構成員が2分の1以上の出席をもって成立し、議事は出席者の過半数をもって決し、可否同数の時は
     議長がこれを決める。ただし、委任状をもって出席とみなす。

                                第六章  会計

(経費の費目)
第20条  本委員会の経費は次に掲げるものであてる。
     @登録料  A大会参加料  B助成金  C寄付金  Dその他
(期間)
第21条  本委員会の会計年度は毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。
(監査)
第22条  本委員会の決算は、監事の会計監査を経て総会での承認を得なければならない。
(慶弔金)
第23条  本委員会の慶弔規定は、別に定める慶弔規定による。

                                   付 則
(上部団体)
第24条  本委員会は、(一財)神奈川県バレーボール協会および日本ソフトバレーボール連盟・関東ソフトバレーボール連盟に加入する。
(規約の変更)
第25条  本規約の変更は、総会出席者の3分の2以上の賛成がなければ変更することはできない。本規約の定めのない事項については、
     理事会の審議により、決定される。
(規約の施行)
第26条  本委員会の規約は、平成24年4月8日から、これを施行する。但し平成24年度に限り、役員任期を平成25年3月31日までとする。

                                              平成26年3月31日   改正
                                              平成27年3月29日   改正
 



このページの先頭へ










copyright©20XX Kanagawa Soft Volley all rights reserved.